包茎治療は信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

包茎卒業の必要性

男性の多くが悩みを抱える「包茎」
見栄えの問題、雑菌繁殖の問題、時には痛みを感じてしまう問題により止むなく手術を選択することもあるでしょう。

 

タートルネックを着た女性

 

包茎で悩む男性のすべてが手術をする必要はありません。
しかし、時には手術に頼らざるを得ない状況も起こり得ます。
苦渋の末に意を決して手術に臨むのならば、包茎を専門に取り扱うクリニックの受診を検討しましょう。

 

 

包茎治療専門のクリニックとは

専門クリニックの医者のイメージ

「包茎治療専門のクリニック」とは、その名の通り包茎の治療に特化したクリニックを指します。
一般的には

  1. カウンセリング
  2. 診察
  3. 手術
  4. アフターケア

という流れが採用されており、総合病院に比べて包茎に関する造詣が深いです。

 

泌尿器科などの他専門医との違い

包茎の治療で真っ先に思い浮かぶ候補として「泌尿器科」が挙げられます。
機能面では“病院”と“クリニック”の違いがあり、クリニックによる施術は保険適用外です。

 

一方的にどちらの選択肢を薦めることはできません。
しかし、一般的には包茎を専門的に扱っているクリニックの方が患者に対しての理解が深く、仕上がりのキレイさ・アフターケアなどの技術面に定評がある施設が多いです。

 

クリニック選びのポイント

包茎治療専門クリニックは、包茎の悩みを解決するための選択肢としてオススメです。
しかし、中には技術力が低く“悪質”と評価されるクリニックも存在します。
クリニック選びに失敗しないためにも、以下のポイントを抑えて後悔のない手術を行いましょう。

 

低価格が強く売り出されていない

割引の値札

ファストフードと同じ感覚で早さや安さを重要視するのはやめましょう。

 

特に、クリニックのホームページを閲覧した時にやたらと「低価格」を押し出しているクリニックには注意が必要です。

 

医師によるカウンセリングは十分か

十分なカウンセリングをする医師

一般医療にはインフォームドコンセントという考え方があります。
包茎治療に関しても、手術に対する患者の深い理解が大切です。

 

そのためにもカウンセリングが手厚いクリニックを選びましょう。
クリニックによっては事前のメール相談を行っていますので、十分な話し合いを行うことが大切です。

 

 

修正手術まで込みの技術があるか

手術室の執刀医

クリニックでの手術において、技術力を求めるのは当たり前です。
注意すべき点は他にもあります。それは“意思疎通の不十分で仕上がりに満足がいかない”というトラブルです。
このトラブルは完全に避けることは難しいため、保険として「傷跡修正手術」への対応を確認しておく必要があります。

 

 

機器は十分に整えられているか

最新機器が完備された手術室

包茎治療専門クリニックは包茎に対して特化した施設ですが、必ずしもポジティブな理由で専門性を身につけたとは限りません。

 

仮に経済的な理由で包茎専門に絞っていた場合「最新の機器を備えていない」可能性もあります。
機器についても下調べを行い、可能な限り高性能な機材がある施設を選びましょう。

 

 

従業員の対応は適切か

丁寧な対応をするクリニックのスタッフ

実際にカウンセリングを行うために、手術より前にクリニックに訪問する必要があります。
その際に受付のスタッフや担当医の対応が悪い場合は、他の医院への切り替えを検討しましょう。

 

包茎治療は非常にセンシティブな問題です。
患者への対応が悪いクリニックはアフターケアにも心配が残りますので、真剣に観察する必要があります。

 

診療科目が多すぎない

並んだ5色の手術用手袋

クリニックによっては、包茎手術に近しい分野の治療も承っている施設があります。

 

しかし、クリニックに在籍する医師を見た限り「あまりに手広い手術を承っている」場合は注意しましょう。
もしかすると泌尿器科の経験者というだけで専門医と見なされているかもしれません。

 

いたずらに不安を煽らない

不安を煽る悪質な医師

包茎治療専門クリニックのHPを訪れると「包茎は病気です!」のように不必要な不安を煽ってくるクリニックが一部見受けられます。

 

そのような極端な発言をするクリニックの利用は検討が必要です。
あくまで包茎という悩みにアプローチし、必要な手術を必要なタイミングで行える医者と付き合いましょう。

 

必要に応じて施術を受けよう

本当に?と聞いてくる女性

日本人の80%は包茎と言われています。
その大半が仮性包茎であり、日常生活に支障がないケースも珍しくありません。
軽度の仮性包茎の場合は、特にコンプレックスに感じていなければ無理に治療をする必要性はないでしょう。

 

しかし真性包茎嵌頓包茎といった症状の場合は、なるべく早い段階で治療をすることが望ましいです。
今回ご紹介したポイントに注目することで、ギャップの少ない包茎手術が期待できるのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る